クリニックひろとwebサイト
カテゴリ
ごあいさつ
院長プロフィール
オゾン療法
エンビロン
アクシダーム
アラフォー美肌相談室
プラセンタ療法
お知らせ
体験談
教えて!アンチエイジング
薄毛の治療
そうだクリニックに聞いてみよう
サーマクール
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクシダーム・オゾン療法・エンビロン
by c_hiroto
プラセンタ療法

当クリニックで使用しておりますプラセンタエキスは、厚生労働省認可の『ラエンネック』という注射剤です。発売後これまでに多くの医療機関で使用されておりますが、重大な副作用は一例も報告されておりません。本剤の日本での適応症は、肝炎、肝硬変などですが、ほかに様々な効果があり、マスコミ・週刊誌等で盛んに取り上げられるようになりました。この注射剤を使った治療をプラセンタ療法と呼び、(1)注射剤投与 (2)内服剤投与 (3)外用(化粧品)塗布等の処置をいたします。

効能効果 
美白・美肌作用(メラニン色素生成抑制・皮膚の再生・皮膚のたるみ・小じわの修復・細胞の増殖)、アトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患、冷え性・肩こり・頭痛・不眠症・更年期障害等。

プラセンタ療法とは 
胎盤から抽出された有効成分を、注射・点滴・内服などにより病気の治療に用いる療法。

プラセンタの有効成分
各種成長因子(肝細胞増殖因子、神経細胞増殖因子、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子、コロニー形成刺激因子、インシュリン様成長因子など。)
サイトカイン、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、核酸

プラセンタ療法の効果、効能
自律神経調整作用、内分泌調整作用、免疫賦活作用、抗酸化作用、肝機能改善作用、基
礎代謝亢進作用、血行促進作用、消炎作用、創傷治癒促進作用、美肌作用、細胞呼吸促進作用、抗疲労作用。

プラセンタ療法の適応疾患
 疲れ、不眠、肩こり、腰痛、筋肉痛、関節痛、シミ、くすみ、肌荒れ、皮膚乾燥症、冷え性、しもやけ、更年期障害、自律神経失調症、月経困難症、(各種治療に抵抗した例の70%に有効)、生理不順、アレルギー疾患(アトピー、喘息、リウマチなど)、膠原病、脳卒中後の神経麻痺、肝機能障害、胃十二指腸潰瘍、胃腸障害、便秘症、易感染症。

詳しくは、高知市長浜・クリニックひろと 088-841-2327までお気軽にご相談ください。
[PR]
by c_hiroto | 2009-03-24 09:17 | プラセンタ療法
<< アラフォー美肌相談室(第7回 ... お問い合わせメールについて >>