クリニックひろとwebサイト
カテゴリ
ごあいさつ
院長プロフィール
オゾン療法
エンビロン
アクシダーム
アラフォー美肌相談室
プラセンタ療法
お知らせ
体験談
教えて!アンチエイジング
薄毛の治療
そうだクリニックに聞いてみよう
サーマクール
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクシダーム・オゾン療法・エンビロン
by c_hiroto
カテゴリ:体験談( 1 )
オゾン療法体験談

クリニックひろとでは、四国では初めて医療用オゾンによる治療を始めました。開始してまだ数ヶ月しかたっていないのですが、たくさんの患者様に喜んでいただいております。高知県はもちろん、県外よりわざわざ治療に通ってこられる患者様もいらっしゃいます。

そのなかのおひとりであります、Aさん(岡山県在住、30歳)のご了承をいただき、オゾン療法を受けられた感想を載せさせていただきます。

Aさんは、線維筋痛症という難病でたいへん苦しんでおられました。自力で歩くことも出来ないくらいの痛みになやまされて、当クリニックへ治療にお越しになりました。


------------------------------------------------------------------


私は線維筋痛症と、橋本病を患っています。橋本病のほうは、何年も数値が安定しています。どちらも発症年齢は不確かですが、幼い頃よりこわばりがあり不眠状態でした。それでも元気なときもあり、長距離を毎日走ったり、登山を楽しんだりしていました。それが約2年前に心身ともに無理がたたって、全身がちぎれるかのような痛みの発作を起こし、寝たきりの状態となりました。血液の数値も異常なしで、炎症反応もみられません。ですが、全身がこわばり、痛み、とてもだるいです。

治療と養生のおかげで、地味に回復はしましたが、外出時は車椅子が必要で、家でも手すりと杖がなくてはなりません。朝は激痛の時間で、昼近くまで横になっていることが多く、昼食後もまた横になっています。家事も子供たちの世話もできません。手の強張りや痛みがひどく、食事が難しいです。家族に頼って生きています。

オゾン療法を受けてみて、点滴中はよくわからなかったのですが、身体がだんだんと軽く感じてきました。ふだん、待ち時間の短い病院にいったときでも、病院までの移動ですでにぐったりしており、診察後は帰るだけで精一杯という状態でした。それが帰りに食事をし、少し杖をついて歩くことができました。初めての病院では晩に発作を起こしたりしますが、顔が真っ赤になったこと、ふらつき発作か?と思うような痛みはあったもののそのままぐっすりと眠ることができました。

次の日には、朝から活動でき、ほとんどあきらめかけていた法事にでることができました。一時間半ほどかかる田舎へ帰ることができ、少し離れたところにあるお墓参りまですることができました。普段の私を見ていた家族はとても驚いていました。

次の日はさすがにぐったりしていましたが、普段は一週間は確実に動けなくなることをしたのに、こわばりが消失して回復も格段に早かったです。傷みのためにいつも小さい声しかでなかったのですが、電話の声がうるさいぐらい大きいと驚かれました。息が楽になるというだけでもとても幸せな気分でした。法事のために帰ってきていたので一回で帰るつもりでいましたが、あまりにもきいたので、少し延ばしてもう一度うけることにしました。

二回受けただけでは薬をやめられませんでしたが、薬の効果が倍ぐらいにあがったように感じました。一ヶ月たった今でも肌が元気になり、毛穴が目立たなくなったことにかわりはありません。定期的に点滴をうち、薬で安定させていけば今までよりもずっと早く回復すると希望が持てました。県外に住んでいるため、たびたび打つというわけにはいきませんが、通おうとおもいます。

------------------------------------------------------------------

Aさんからいただいた感想を原文のまま掲載させていただきました。
Aさん、ありがとうございます。


オゾン療法についてのご質問、お問い合わせは 088-841-2327クリニックひろとまでどうぞ。




(オゾン療法を受けられた方の感想です。効果については個人差があり、すべての方に同じ結果が得られるわけではございません。)
[PR]
by c_hiroto | 2009-06-24 11:51 | 体験談