クリニックひろとwebサイト
カテゴリ
ごあいさつ
院長プロフィール
オゾン療法
エンビロン
アクシダーム
アラフォー美肌相談室
プラセンタ療法
お知らせ
体験談
教えて!アンチエイジング
薄毛の治療
そうだクリニックに聞いてみよう
サーマクール
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクシダーム・オゾン療法・エンビロン
by c_hiroto
<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」(第4回2009年8月12日FM高知にて放送)
アナウンサー 以下ア:年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね。この番組では、高知市長浜「クリニックひろと」の協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
今日のテーマは、「顔のシワ、たるみの治療について」です。
年齢とともに紫外線の影響や、表情筋がくり返し収縮した結果生まれるシワやたるみの治療方法についてクリニックひろと、楠瀬智子先生にお話をお伺いします。よろしくお願いします。

楠瀬智子先生 以下先生:よろしくおねがいします。

ア:シワやたるみは,老けた印象を与えてしまうとともに、自分自身の気持ちまでも老化させてしまいますよね。そもそもシワやたるみの改善には、どのような治療方法があるのですか?

先生:そうですね。さまざまな治療がありますが、一般的にはコラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法があります。また、効果や安全性の面から今人気がある治療としてボツリヌスA型毒素、いわゆるボトックスによる治療があります。

ア:ボトックスとはどんな治療ですか?

先生:これは、ボツリヌスA型毒素を注射器を使ってシワの部分などに注入する治療です。このボツリヌスA型毒素には、局所的に筋肉の動きを弱める働きがあります。この働きを応用して筋肉の動きを抑制し,シワを作る筋肉の過剰な収縮を弱めて行きシワをなくしていく治療になります。

ア:しかし先生、毒素を体内に注入するというのは、少し抵抗があるのですが。

先生:たしかにボツリヌス毒素と言うと、食中毒を起こす事で知られていますがこのボトックス注入に用いる量は、ごくごく少量ですので中毒を起こす心配はありません。

ア:それを聞いて安心しました。ちなみに効果が期待できる箇所はどのあたりでしょうか。

先生:当クリニックでは、このボトックス治療とヒアルロン酸注射による治療を行なっています。ヒアルロン酸注射では、みけんのシワや法令線、口角などに。ボトックス治療では、みけんや額のシワ、目じり、口角などに効果が期待できます。

ア:効果が持続する期間はどの程度ですか?

先生:ヒアルロン酸注射はその日から、ボトックス注射は注入後2~3日で効果が表れ始め、いずれも2ヶ月から5ヵ月程度の持続効果があります。

ア:わかりました。ところで注射の際はかなり痛みを伴うのではないでしょうか。

先生:そうなんですね。ですから場所によって事前に麻酔の注射や外用剤を使って痛みを和らげるようにしています。

ア:それからこれらの治療の注意点などありますか?

先生:そうですね。どの施設でおこなっても比較的高額な治療であり、期待通りの効果が得られない事もある為、まずは医師に具体的に期待することを伝える、治療前に十分なカウンセリングを受ける事が大切になります。

ア:シワって気になりだすと本当に気になってしょうがないものです。そんなシワをピンポイントで局所的に、しかもすばやく改善してくれるのが今日ご紹介いただいたヒアルロン酸注射、もしくはボトックス治療と言う事になるのですね。

先生:そうですね。

ア:はい、お話はクリニックひろと、楠瀬智子先生でした。ありがとうございました。

先生:ありがとうございました。

ア:「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」この番組は、高知市長浜「クリニックひろと」の協力でお送りしました。

クリニックひろと、お問い合わせは、088-841-2327までどうぞ。 
[PR]
by c_hiroto | 2009-08-12 16:26 | 教えて!アンチエイジング
クリニックひろとの教えて!アンチエイジング(第3回2009年7月29日 FM高知にて放送)
アナウンサー(以下 ア):年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね。この番組では、高知市長浜「クリニックひろと」の協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
今日は「肝斑」のお話です。
30代から40代のお肌におこりやすい症状の一つに「肝斑」があります。今日は「肝斑」のしくみとその対処法についてクリニックひろと、楠瀬智子先生にお話をお伺いします。
よろしくお願いします。

楠瀬智子先生(以下 先生):よろしくお願いします。

ア:「肝斑」で悩む女性はけっこう多いようですね。

先生:そうなんですね。ある調査ではシミで悩む女性のおよそ4割が「肝斑」であったという結果もあります。シミというと思春期に多く見られるソバカスや、中年以降に特に目だってくる「日光性黒子」などのように、シミの種類によって発症する年齢に特徴があります。そろそろお肌の衰えや、美白対策が気になりだす30代から40代に多くみられるのが「肝斑」というシミです。

ア:私も実は両方にぽつぽつとシミがありますので、「肝斑」かな?と思っていたのですが。

先生:これは、「日光性黒子」ですね。

ア:となりますと、そうかなって思った時の「肝斑」とそうではない、たとえば「日光性黒子」との見分け方などはありますか?

先生:「肝斑」は、ほほ骨のあたりや額、口の周囲などに左右対称に現れるのが大きな特徴ですね。また、「日光性黒子」と比べてシミの輪郭がはっきりせず,色が薄く、広範囲にもやって広がっているところも特徴です。

ア:わかりました。でも「肝斑」はなぜ発症するのでしょう。

先生:「肝斑」の発症には女性ホルモンの影響が大きいと言われており、妊娠や、ピルの服用で発症、悪化することがあります。

ア:では「肝斑」の治療法としては、どのような方法がありますか?

先生:そうですね。その他のシミであればレーザー治療などをお勧めしている病院も多いと思いますが、「肝斑」の場合かえって悪化させることがありますので、通常は内服薬による治療をおこないます。

ア:つまり「肝斑」は、飲み薬で治すということなんですね。

先生:そうですね。「肝斑」に有効な内服薬としてトラネキサム酸を配合したお薬があります。このトラネキサム酸は、色素沈着の抑制効果がありますので、「肝斑」の治療に有効な内服薬と言えます。またビタミンCの服用や、ハイドロキノンなどの美白剤を組み合わせることもあります。加えて当クリニックで行なっていますピーリングや、エンビロンのイオン導入を組み合わせれば、更なる効果が期待できます。このトラネキサム酸ですが、最近では一般用医薬品としてドラッグストアでも販売されています。

ア:改善される見込みとしてはどの位かかるのでしょう。

先生:だいたい1カ月から2ヶ月位と言われていますね。また治療中は紫外線対策もしっかり行なっていただきたいですね。紫外線対策をおろそかにすると、かえって悪化させてしまう事があります。

ア:その他の注意点などありますか。

先生:そうですね。実際には「肝斑」とその他のシミが重なっている事も多いですので、段階を踏んだ治療が必要になって来ます。まずは、お気軽に当クリニックを受診して下さい。

ア:シミがどういう内容のものなのかをまずは、把握する事から始まるわけですね。

先生:そうですね。

ア:はい、お話はクリニックひろと、楠瀬智子先生でした。ありがとうございました。

先生:ありがとうございました。

ア:「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」この番組は、高知市長浜クリニックひろとの協力でお送りしました。

クリニックひろと、お問い合わせは088-841-2327までどうぞ。
[PR]
by c_hiroto | 2009-08-03 16:42 | 教えて!アンチエイジング