クリニックひろとwebサイト
カテゴリ
ごあいさつ
院長プロフィール
オゾン療法
エンビロン
アクシダーム
アラフォー美肌相談室
プラセンタ療法
お知らせ
体験談
教えて!アンチエイジング
薄毛の治療
そうだクリニックに聞いてみよう
サーマクール
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクシダーム・オゾン療法・エンビロン
by c_hiroto
<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「フォトRF脱毛」2012年6月20日FM高知にて放送
「そうだクリニックに聞いてみよう。」

この番組では高知市長浜クリニックひろとの協力のもと病気や検査のこと、美容、アンチエイジングのことなど、気になる身体のあれこれを、私たちの身近な診療所にお伺いしています。

谷本:おはようございます。谷本美尋です。むだ毛の悩みから開放してくれる新しい治療法「フォトRF脱毛」についてクリニックひろと看護師の藤本聖子さんにお話をお伺いいたします。よろしくお願いします。

藤本:よろしくお願いします。

谷本:まず、「フォトRF脱毛」というのはどのような脱毛方法なのでしょうか?

藤本:脱毛といえば従来レーザー脱毛が一般的でしたが、この「フォトRF脱毛」はレーザーに加えて「RF」高周波をプラスした脱毛治療となります。

谷本:「高周波」ですか?

藤本:はい、レーザー脱毛はレーザーの光だけでアプローチする為、効果を上げようとしてパワーを上げると痛みが強くなり、やけどのリスクも高まります。しかし、この「フォトRF脱毛」ではプラスされた高周波がレーザーをおぎなう働きをし、レーザーのパワーを上げなくても毛の再生組織に効果的にダメージを与えることができます。又、皮膚と触れる部分が冷却されている為、やけどのリスクも低くなります。

谷本:ということは「フォトRF脱毛」というのは痛みの少ない脱毛治療ということですか?

藤本:もちろんそうですが、それだけではありません。レーザーは黒い毛にしか反応しないので産毛やあまり黒くない毛については十分な効果が得られませんでした。又、皮膚の深いところまでは到達しない為、皮膚の深いところから生えている毛に対してもあまり効果的ではありませんでした。しかしこの「フォトRF脱毛」では高周波が毛をさける為、必然的に毛根の周辺細胞に高周波が強く働き、それによって産毛やあまり黒くない毛に対しても効果が得られるようになったほか、皮膚の奥まで高周波が到達することから、深いところから生えている毛に対しても効果を発揮するようになりました。

谷本:なるほど。光と高周波の相乗効果でより安全で確実な脱毛治療が可能になったということですね。
ところで、治療時間と回数はどうなりますか?

藤本:はい。両ワキなら約20分ぐらいです。個人差はありますが、これを5、6回程繰り返します。

谷本:濃い毛や男性のヒゲでも脱毛できるのでしょうか。

藤本:もちろんデリケートなお顔の脱毛もより安全、より確実に脱毛することができます。又、この「フォトRF脱毛」は医療機関でしか行なえない医療行為となっております。

谷本:はい。わかりました。今日は新しい脱毛治療「フォトRF脱毛」についてクリニックひろと看護師の藤本聖子さんにお伺いしました。ありがとうございました。

藤本:ありがとうございました。

谷本:今日御紹介した内容等につきまして、さらに詳しくお知りになりたい方は「クリニックひろと」電話番号088-841-2327までお問い合わせ下さい。そして、クリニックひろとにはホームページもございます。ぜひご覧下さい。

「そうだクリニックにきいてみよう。」この番組は高知市長浜クリニックひろとの協力でおおくりしました。
[PR]
by c_hiroto | 2012-07-11 15:52 | そうだクリニックに聞いてみよう
「臨床美術」について2012年4月18日FM高知にて放送
「そうだクリニックに聞いてみよう。」

この番組では高知市長浜クリニックひろとの協力のもと、病気や検査のこと、美容、アンチエイジングのことなど気になる身体のあれこれを私たちの身近な診療所にお伺いしています。

谷本:おはようございます。谷本美尋です。今日は以前ご紹介しました「臨床美術」についてより詳しいお話をお伺いします。お話は臨床美術士の瀬川さんです。よろしくお願いします。

瀬川:よろしくお願いします。

谷本:瀬川さんは月に一度クリニックひろとで「臨床美術講座」を行なっているそうですが、そこではどのようなことに取り組まれているのですか。

瀬川:はい。おもに認知症の予防と改善を目的に講座を行なっております。美術作品に取り組むことで心を安定させ、心を開き、喜びを感じていただいております。

谷本:なるほど。ただリスナーの皆さんはまだ具体的なイメージがわかないかたもいらっしゃると思いますので、具体的にどのような「臨床美術」が行なわれているのかそのさわりだけでも再現していただいてよろしいですか。

瀬川:わかりました。私たちは五感で感じ、右脳を使って描きます。これを量感画と言っております。ではまずりんごを描くことから始めてみます。

谷本:はい。

瀬川:「皆さん。前にりんごがあります。手に持ってみてください。結構重いですね。これから何をイメージされますか?切ってみましょうか。ああ、いい匂いですね。かわいい種もあります。ではこのりんごの中身を感じる色を選んで下さい。白い用紙の真ん中に点を描いていただきます。その点からりんごを大きく成長させてみましょう。りんごのなかの匂いの色も出して下さい。はい。ではりんごの外の皮の色も選んで下さい。どんどんりんごになっていきますか?りんごをよく見て自分のりんごを描いてください。」私たちは見守り、寄り添い、同じ時間を過ごします。決して強制、強要はいたしません。

谷本:りんごを描くとなると私などはその輪郭から丸く描いて、へたをつけてという風に描きますが瀬川さん、種から点から始まりましたね。

瀬川:そうです。たとえ形が違っても青いりんごになって色が違ってもそれはその人にとってのりんごなのです。そして私たち臨床美術では出来上がった作品に優劣の評価はいたしません。より具体的に「この線が良いね。」「この色使いがすてきね。」といいところをほめます。この事によって利用者さんはほめられたことをとても喜び、描くことが楽しみとなり、生きがいとなっていきます。そしてやがては認知症の改善と予防へとつながっていくのだと思います。

谷本:しかしなぜ五感で描くことが認知症改善へつながるのでしょうか。

瀬川:一般に左脳は言語や計算などをつかさどるものとされ、認知症はまずこの左脳が機能低下すると言われます。そこで「臨床美術」では感情をつかさどる右脳に働きかけることによって右脳から左脳へ良い影響をもたらし、脳を活性化するであろうと考えております。単に治療というのではなく、生きることの喜びを実感し人生の意味を自己の中に発見する為のチャンスとして非常に意義のあることだと思われます。

谷本:はい。「そうだクリニックに聞いてみよう。」この番組は高知市長浜クリニックひろとの協力でおおくりしました。
[PR]
by c_hiroto | 2012-07-02 16:51 | そうだクリニックに聞いてみよう