クリニックひろとwebサイト
カテゴリ
ごあいさつ
院長プロフィール
オゾン療法
エンビロン
アクシダーム
アラフォー美肌相談室
プラセンタ療法
お知らせ
体験談
教えて!アンチエイジング
薄毛の治療
そうだクリニックに聞いてみよう
サーマクール
以前の記事
2012年 08月
2012年 07月
2012年 03月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクシダーム・オゾン療法・エンビロン
by c_hiroto
「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」(第4回2009年8月12日FM高知にて放送)
アナウンサー 以下ア:年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね。この番組では、高知市長浜「クリニックひろと」の協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
今日のテーマは、「顔のシワ、たるみの治療について」です。
年齢とともに紫外線の影響や、表情筋がくり返し収縮した結果生まれるシワやたるみの治療方法についてクリニックひろと、楠瀬智子先生にお話をお伺いします。よろしくお願いします。

楠瀬智子先生 以下先生:よろしくおねがいします。

ア:シワやたるみは,老けた印象を与えてしまうとともに、自分自身の気持ちまでも老化させてしまいますよね。そもそもシワやたるみの改善には、どのような治療方法があるのですか?

先生:そうですね。さまざまな治療がありますが、一般的にはコラーゲンやヒアルロン酸を注入する方法があります。また、効果や安全性の面から今人気がある治療としてボツリヌスA型毒素、いわゆるボトックスによる治療があります。

ア:ボトックスとはどんな治療ですか?

先生:これは、ボツリヌスA型毒素を注射器を使ってシワの部分などに注入する治療です。このボツリヌスA型毒素には、局所的に筋肉の動きを弱める働きがあります。この働きを応用して筋肉の動きを抑制し,シワを作る筋肉の過剰な収縮を弱めて行きシワをなくしていく治療になります。

ア:しかし先生、毒素を体内に注入するというのは、少し抵抗があるのですが。

先生:たしかにボツリヌス毒素と言うと、食中毒を起こす事で知られていますがこのボトックス注入に用いる量は、ごくごく少量ですので中毒を起こす心配はありません。

ア:それを聞いて安心しました。ちなみに効果が期待できる箇所はどのあたりでしょうか。

先生:当クリニックでは、このボトックス治療とヒアルロン酸注射による治療を行なっています。ヒアルロン酸注射では、みけんのシワや法令線、口角などに。ボトックス治療では、みけんや額のシワ、目じり、口角などに効果が期待できます。

ア:効果が持続する期間はどの程度ですか?

先生:ヒアルロン酸注射はその日から、ボトックス注射は注入後2~3日で効果が表れ始め、いずれも2ヶ月から5ヵ月程度の持続効果があります。

ア:わかりました。ところで注射の際はかなり痛みを伴うのではないでしょうか。

先生:そうなんですね。ですから場所によって事前に麻酔の注射や外用剤を使って痛みを和らげるようにしています。

ア:それからこれらの治療の注意点などありますか?

先生:そうですね。どの施設でおこなっても比較的高額な治療であり、期待通りの効果が得られない事もある為、まずは医師に具体的に期待することを伝える、治療前に十分なカウンセリングを受ける事が大切になります。

ア:シワって気になりだすと本当に気になってしょうがないものです。そんなシワをピンポイントで局所的に、しかもすばやく改善してくれるのが今日ご紹介いただいたヒアルロン酸注射、もしくはボトックス治療と言う事になるのですね。

先生:そうですね。

ア:はい、お話はクリニックひろと、楠瀬智子先生でした。ありがとうございました。

先生:ありがとうございました。

ア:「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」この番組は、高知市長浜「クリニックひろと」の協力でお送りしました。

クリニックひろと、お問い合わせは、088-841-2327までどうぞ。 
[PR]
# by c_hiroto | 2009-08-12 16:26 | 教えて!アンチエイジング
クリニックひろとの教えて!アンチエイジング(第3回2009年7月29日 FM高知にて放送)
アナウンサー(以下 ア):年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね。この番組では、高知市長浜「クリニックひろと」の協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
今日は「肝斑」のお話です。
30代から40代のお肌におこりやすい症状の一つに「肝斑」があります。今日は「肝斑」のしくみとその対処法についてクリニックひろと、楠瀬智子先生にお話をお伺いします。
よろしくお願いします。

楠瀬智子先生(以下 先生):よろしくお願いします。

ア:「肝斑」で悩む女性はけっこう多いようですね。

先生:そうなんですね。ある調査ではシミで悩む女性のおよそ4割が「肝斑」であったという結果もあります。シミというと思春期に多く見られるソバカスや、中年以降に特に目だってくる「日光性黒子」などのように、シミの種類によって発症する年齢に特徴があります。そろそろお肌の衰えや、美白対策が気になりだす30代から40代に多くみられるのが「肝斑」というシミです。

ア:私も実は両方にぽつぽつとシミがありますので、「肝斑」かな?と思っていたのですが。

先生:これは、「日光性黒子」ですね。

ア:となりますと、そうかなって思った時の「肝斑」とそうではない、たとえば「日光性黒子」との見分け方などはありますか?

先生:「肝斑」は、ほほ骨のあたりや額、口の周囲などに左右対称に現れるのが大きな特徴ですね。また、「日光性黒子」と比べてシミの輪郭がはっきりせず,色が薄く、広範囲にもやって広がっているところも特徴です。

ア:わかりました。でも「肝斑」はなぜ発症するのでしょう。

先生:「肝斑」の発症には女性ホルモンの影響が大きいと言われており、妊娠や、ピルの服用で発症、悪化することがあります。

ア:では「肝斑」の治療法としては、どのような方法がありますか?

先生:そうですね。その他のシミであればレーザー治療などをお勧めしている病院も多いと思いますが、「肝斑」の場合かえって悪化させることがありますので、通常は内服薬による治療をおこないます。

ア:つまり「肝斑」は、飲み薬で治すということなんですね。

先生:そうですね。「肝斑」に有効な内服薬としてトラネキサム酸を配合したお薬があります。このトラネキサム酸は、色素沈着の抑制効果がありますので、「肝斑」の治療に有効な内服薬と言えます。またビタミンCの服用や、ハイドロキノンなどの美白剤を組み合わせることもあります。加えて当クリニックで行なっていますピーリングや、エンビロンのイオン導入を組み合わせれば、更なる効果が期待できます。このトラネキサム酸ですが、最近では一般用医薬品としてドラッグストアでも販売されています。

ア:改善される見込みとしてはどの位かかるのでしょう。

先生:だいたい1カ月から2ヶ月位と言われていますね。また治療中は紫外線対策もしっかり行なっていただきたいですね。紫外線対策をおろそかにすると、かえって悪化させてしまう事があります。

ア:その他の注意点などありますか。

先生:そうですね。実際には「肝斑」とその他のシミが重なっている事も多いですので、段階を踏んだ治療が必要になって来ます。まずは、お気軽に当クリニックを受診して下さい。

ア:シミがどういう内容のものなのかをまずは、把握する事から始まるわけですね。

先生:そうですね。

ア:はい、お話はクリニックひろと、楠瀬智子先生でした。ありがとうございました。

先生:ありがとうございました。

ア:「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」この番組は、高知市長浜クリニックひろとの協力でお送りしました。

クリニックひろと、お問い合わせは088-841-2327までどうぞ。
[PR]
# by c_hiroto | 2009-08-03 16:42 | 教えて!アンチエイジング
“クリニックひろとの教えてアンチエイジング”(第2回2009年 7月8日FM高知にて放送)
アナウンサー(以下 ア):年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね。この番組では、高知市長浜「クリニックひろと」の協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
今日のテーマは「紫外線とその対策」について」です。
紫外線はお肌の天敵、紫外線対策ひとつで肌の老化速度は変わっていきます。今日は、クリニックひろとの楠瀬智子先生に、紫外線とその対策についてお話をお伺いします。よろしくお願いします。

楠瀬智子先生(以下 先生):よろしくお願いします。

ア:先生、ひとくちに紫外線と言いましても種類があるそうですね。

先生:はい、一般的に地上に到達する紫外線としてUV-AとUV-Bの2つがあります。紫外線による皮膚反応には、急性障害いわゆる日焼けと慢性障害いわゆるシワやシミなどがありまして、日常生活においていかに紫外線をシャットアウトすることが出来るか、という事がカギになってきます。

ア:では、その紫外線対策について教えて下さい。

先生:紫外線の予防には、サンスクリーン剤、いわゆる日焼け止めクリームの使用が欠かせません。このサンスクリーン剤には、紫外線を吸収し化学変化によって撃退するものと、紫外線を跳ね返すものの2つがありまして,それぞれ単独、又は両方組み合わせるものに分けられています。

ア:日焼け止めクリームも使用されている薬剤によって紫外線カット方法が違うのですね。

先生:そうですね。ただ注意していただきたいのが紫外線吸収剤を用いたものでは、かぶれをおこす報告があります。特にお子様や敏感肌の方は、紫外線吸収剤フリーのものをお勧めしています。

ア:日焼け止めクリームには、パッケージを見ますと「SPF」とか「PA」と書かれた表示がありますよね。これはどういう意味なのでしょうか?

先生:はい、まず「SPF」とあるのは「UV-B」の、「PA」とあるのは「UV-A」のカットレベルを示しています。「SPF」は数値が高いほど、「PA」はプラスが多いほどカット率が高くなります。

ア:なるほど。どちらも数値の大きいほうが効果が高いというわけなのですね。ところで、日焼け止めクリームを塗る際の注意点はありますか?

先生:そうですね。「SPF」は1平方センチメートルあたり2ミリグラム塗付した場合の数値が設定されています。塗ってみるとよくわかりますが、皆さん十分な量が塗れていない事が多いのです。だから思っているよりも十分塗っていただいたほうがいいですね。また、車が右ハンドルの方は右手、右腕に特に念入りに塗っていただきたいですね。

ア:はい、しっかりと塗って下さい。日焼け止めクリームの塗り直しは必要なのでしょうか?

先生:どうしても時間とともにサンスクリーンの効果は低下するので、日中の塗り直しは必要です。レジャーなどで屋外へでる場合は2~3時間毎に,外出しない場合でも昼に1回は化粧直しをしたほうがいいですね。

ア:その他外出時の注意点などありますか?

先生:時間的には朝10時から午後2時までに1日の半分以上の紫外線が降り注ぎます。昼間の外出時には特に注意していただき,サンスクリーン剤だけでなく、できればUVカット加工の日傘や帽子を使って乗り切っていただきたいですね。

ア:はい、お話はクリニックひろと、楠瀬智子先生でした。ありがとうございました。

先生:ありがとうございました。

ア:「クリニックひろとの教えて!アンチエイジング」この番組は、高知市長浜クリニックひろとの協力でお送りいたしました。

クリニックひろと、お問い合わせは088-841-2327までどうぞ。
[PR]
# by c_hiroto | 2009-07-24 16:04 | 教えて!アンチエイジング
クリニックひろとの教えて!アンチエイジング (第1回 2009年7月8日FM高知にて放送)

アナウンサー(以下 ア):年齢は重ねてもいつまでも若くいたいですよね?この番組では、高知市長浜クリニックひろとの協力のもと、身体の内と外、両面からキレイを探っていきます。
きょうのテーマは「エンビロン・フェイシャルトリートメント」です。
今日は、病院で行う「フェイシャルトリートメント」のご紹介です。そこには、当然病院ならではの特別なやり方があります。お話しはクリニックひろとビューティーセラピストの田所さんです。よろしくおねがいします。

田所:よろしくおねがいします。病院で「フェイシャルトリートメント」を行う最も大きな意味は、医師の診察とそれによる最適なトリートメントの実施にあります。
まず当院では、医師の診断の後、それに基づいて 最適なトリートメントを受けて頂くように、専門のビューティーセラピストがカウンセリングを行いながらトリートメントを行います。ご自分の肌の状態を正しく理解し、トリートメントをおこなう事を納得して頂く事で、スキンケアの効果も違ってきます。

ア:なかでも「エンビロン・フェイシャルトリートメント」と言われるビタミンが多く配合されたトリートメントが女性の間で話題のようですね。

田所:これは、南アフリカの形成外科医により研究・開発された化粧品で、お肌の天敵「紫外線」によるダメージを補いつつ、肌が本来持つ働きを高めるものです。日差しの強い高知の女性に最もあっている化粧品のシリーズの1つです。

ア:その化粧品を用いて行う施術を総称して「エンビロン・フェイシャルトリートメント」と言うわけですよね。そんなお肌にいいトリートメントをクリニックひろとでは、より効果を高める為に病院ならではの施術方法をおこなっているそうですね。

田所:はい、当院では、お肌の状態とご本人様の希望に沿っていくつかの施術方法をご用意させて頂いております。初めての方やカウンセリングの結果、肌質が敏感な方には、マイルドなビタミン剤を使った導入から始めます。その後、ビタミンA・ビタミンCを高濃度に配合した高濃度ビタミン導入に移ります。

ア:ビタミン導入というトリートメントをお肌に塗りこんでいく施術ですね。

田所:はい、また、ビタミンを塗るだけよりも浸透効果があるのが超音波導入です。ビタミンを皮膚の中深くへ届け、皮膚細胞のダメージを修復することを目的としています。また、この超音波導入と併せておこなうことで,さらにビタミン浸透効果をはかれるイオン導入という方法もあります。いずれも注射針を使わないで皮膚の奥に成分を届けられる技術です。この他にも古い角質や痛んだ皮膚の表皮を剥離するピーリングをおこなっています。当院では、皮膚への刺激感がより少なく安全な天然乳酸「ラクトジェル」を使用した「ライト・ケミカルピーリング」をおこない、仕上げにピーリングによるほてりを沈静化させる「クールビタミンパック」のみずみずしさを保つようにしています。

ア:「フェイシャルトリートメント」も病院でおこなう事で,自分のお肌を正しく理解し、よりよい施術を受けることが出来るというわけですね。
お話は、クリニックひろと、田所さんでした。ありがとうございました。

田所:ありがとうございました。

ア:クリニックひろとの教えて!アンチエイジング、この番組は、高知市長浜クリニックひろとの協力でお送りいたしました。


クリニックひろと、お問い合わせは、088-841-2327までどうぞ。
[PR]
# by c_hiroto | 2009-07-13 13:56 | 教えて!アンチエイジング
オゾン療法体験談

クリニックひろとでは、四国では初めて医療用オゾンによる治療を始めました。開始してまだ数ヶ月しかたっていないのですが、たくさんの患者様に喜んでいただいております。高知県はもちろん、県外よりわざわざ治療に通ってこられる患者様もいらっしゃいます。

そのなかのおひとりであります、Aさん(岡山県在住、30歳)のご了承をいただき、オゾン療法を受けられた感想を載せさせていただきます。

Aさんは、線維筋痛症という難病でたいへん苦しんでおられました。自力で歩くことも出来ないくらいの痛みになやまされて、当クリニックへ治療にお越しになりました。


------------------------------------------------------------------


私は線維筋痛症と、橋本病を患っています。橋本病のほうは、何年も数値が安定しています。どちらも発症年齢は不確かですが、幼い頃よりこわばりがあり不眠状態でした。それでも元気なときもあり、長距離を毎日走ったり、登山を楽しんだりしていました。それが約2年前に心身ともに無理がたたって、全身がちぎれるかのような痛みの発作を起こし、寝たきりの状態となりました。血液の数値も異常なしで、炎症反応もみられません。ですが、全身がこわばり、痛み、とてもだるいです。

治療と養生のおかげで、地味に回復はしましたが、外出時は車椅子が必要で、家でも手すりと杖がなくてはなりません。朝は激痛の時間で、昼近くまで横になっていることが多く、昼食後もまた横になっています。家事も子供たちの世話もできません。手の強張りや痛みがひどく、食事が難しいです。家族に頼って生きています。

オゾン療法を受けてみて、点滴中はよくわからなかったのですが、身体がだんだんと軽く感じてきました。ふだん、待ち時間の短い病院にいったときでも、病院までの移動ですでにぐったりしており、診察後は帰るだけで精一杯という状態でした。それが帰りに食事をし、少し杖をついて歩くことができました。初めての病院では晩に発作を起こしたりしますが、顔が真っ赤になったこと、ふらつき発作か?と思うような痛みはあったもののそのままぐっすりと眠ることができました。

次の日には、朝から活動でき、ほとんどあきらめかけていた法事にでることができました。一時間半ほどかかる田舎へ帰ることができ、少し離れたところにあるお墓参りまですることができました。普段の私を見ていた家族はとても驚いていました。

次の日はさすがにぐったりしていましたが、普段は一週間は確実に動けなくなることをしたのに、こわばりが消失して回復も格段に早かったです。傷みのためにいつも小さい声しかでなかったのですが、電話の声がうるさいぐらい大きいと驚かれました。息が楽になるというだけでもとても幸せな気分でした。法事のために帰ってきていたので一回で帰るつもりでいましたが、あまりにもきいたので、少し延ばしてもう一度うけることにしました。

二回受けただけでは薬をやめられませんでしたが、薬の効果が倍ぐらいにあがったように感じました。一ヶ月たった今でも肌が元気になり、毛穴が目立たなくなったことにかわりはありません。定期的に点滴をうち、薬で安定させていけば今までよりもずっと早く回復すると希望が持てました。県外に住んでいるため、たびたび打つというわけにはいきませんが、通おうとおもいます。

------------------------------------------------------------------

Aさんからいただいた感想を原文のまま掲載させていただきました。
Aさん、ありがとうございます。


オゾン療法についてのご質問、お問い合わせは 088-841-2327クリニックひろとまでどうぞ。




(オゾン療法を受けられた方の感想です。効果については個人差があり、すべての方に同じ結果が得られるわけではございません。)
[PR]
# by c_hiroto | 2009-06-24 11:51 | 体験談